GARDENS TO VISIT

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年の夏は猛暑と、まさに文字通りの焼けるような暑さ。お店の壁一面に掛けているハンギングポットのアイビーゼラニュウムも今は少し休ませて、木陰に避難させています。そんな中、お客様とのガーデニング談義はもっぱらイギリス滞在中のガーデンめぐりの話題。夏のイギリスはいたるところでオープンガーデンが行われていて、個人宅のガーデンから、由緒あるpublic gardenまで、時間をかけて丁寧に作り上げられたひとつひとつの景色は、ガーデナーの創意工夫と熱意が感じられ、どこをとっても絵になるシーンに心を動かされます。花とお庭、そして自然の情景をこよなく愛する英国の人々が長い歴史の中で重ねてきた庭めぐりという楽しみ。夏のイギリスのお庭を楽しんでいる英国の人々の様子を何ともうらやましい気持ちで眺めながら、英国の人々にとっての庭めぐりは、生き方にも通じる広く奥深い文化なのだなと、大いに刺激を受けて毎回帰国の途につきます。今から20年ほど前の買い付け中に、小さな町の本屋さんで手に入れたこの本は、ぜひ訪れてみたい100の庭園が紹介されており、写真はもちろん、成り立ちと歴史も加えられていて、しばし暑さを忘れさせてくれる素敵な一冊。日本の猛暑に参ってしまいそうなとき、そしてもちろん、イギリス旅行を計画されている方にも、ぜひお勧めです。

GARDENS TO VISIT (SUCCESSFUL GARDENING) -Published By The Reader’s Digest

English Country Gardens

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うらうらと陽が差し込む中庭でお客様といただくお茶は本当に美味しく、イギリスのカントリーサイドの美しい風景や心温まるティータイムのエピソード、はたまた英国滞在中のハプニングなど話は尽きず、お庭のお花とそよそよ吹く風に心をゆだねながら、お客様との打ち解けた何気ないひとときがゆっくりと静かに過ぎていきます。今回ご紹介する本は、イギリスのカントリーサイドのお庭をめぐる一冊。一般の小さなコテージから、マナーハウス、牧師館など、住む人の愛情がたっぷりと注がれた60以上ものお庭が丁寧な解説で紹介されており、実際にはなかなか見ることのできない美しい夏のカントリーガーデンをまるで自分がそこを歩いているかのように楽しむことができます。小道を散歩しながらお花を眺めてひと休みしたり、ガーデナーたちの話に耳を傾けたり、日常の何気ないひとときが幾重にも重なって生まれた素晴らしい風景。人々の心の豊かさと、自然を感じて生きることの喜びが描かれた一冊です。

English Country Gardens    Ethne Clarke & Clay Perry